以前からサッカースタジアム建設に前向きに取り組まれている石橋りゅうじ議員が、予算特別委員会での発言をブログで紹介されていたのでまとめることとしました。(気になった部分を抜粋まとめています、すべての内容はコチラよりご覧になれます、一読をお勧めします。)

*補足 【新スタジアム建設】1484先生のブログが正論すぎる


48

石橋りゅうじ(無所属) 公式サイト Twitter

06

「国有地である利点を最大限に活用」

都市公園の整備に活用できる「社会資本整備総合交付金」にて、建設費が120億円となれば、最大で「2分の1」となる60億円の国庫補助が得られる可能性。

老朽化が懸念され、更新期を迎える中央図書館やプラネタリウムを複合化すれば、教育施設の整備で文科省や、別案では通産省等からも補助金が得られる可能性はある。

また、地域防災拠点整備モデル事業として「2億5千万円」の補助や、旧広島市民球場跡地整備事業基金「約10億円」も、この場所だからこそ活用が許される。

石橋りゅうじ公式ブログより http://blog.koeya.com/20140314.shtml
72億5千万は確保したぞ、残りは47億5千万だ (・(ェ)・)

都心の好立地による「最大の広告効果(価値)」は、他のエリアと比較しても郡を抜く。

他都市の京都会館は、命名権により「50年間で50億円の契約を締結している」など好例で、様々な手法で広告収入等を得るにも、世界で唯一無二のエリアであるからこそ。

改めて、市税の投入を最小限に抑え、運営においても最大限の収益を得られ、立地による絶大な波及効果に、広島市のブランド力の向上。重ねて、郷土愛の醸成に、人と人、多種多様な文化と文化のマッチング、「ついで利用」での新たな機会づくりと、多大なるポテンシャルを備えた場所が「旧市民球場跡地」である。

石橋りゅうじ公式ブログより http://blog.koeya.com/20140314.shtml 
京都会館のネーミングライツ名称を「ロームシアター京都」に決定!(株式会社ローム)

image_gallery

緑地広場でも命名権は取れるのかな?
渋谷の宮下公園が1年1700万だったぞ (・(ェ)・)

適正なる「スタジアム規模」とは?

広島では、Jリーグ興行で年間「約30万人」、1試合平均「約1万6千人」が訪れるが、専門筋からの推計でも、スタジアムが好立地に移転すれば「カープの新球場誕生時」と同様、 真新しさから来る「ご祝儀相場」が落ち着いても、2割から3割の観客増が見込まれ。

過去の実績に、今後の伸びしろ、都市規模を考慮しても「3万人前後」の規模が妥当(適性)であると考える。

ー 省略 ー

3万人規模で実績を積み上げ、プレミアム化を図り、 手狭となれば、後に4万人規模に増設する事は可能。

ー 省略 ー

(北九州市のスタジアムも1期:1万5千人、2期:2万5千人と段階を踏んで建設、最終的な完成を目指している) W杯の決勝開催でなく、国際大会であれば五輪の予選や、何より「Jリーグ」を大事にすべし。
 
 
石橋りゅうじ公式ブログより http://blog.koeya.com/20140314.shtml
2013年のチケ売上が5.1億だから2割増えるだけでも寿人さん2人分だよ (・(ェ)・)

候補地⑤「旧広島市民球場跡地」

3万人規模の複合スタジアムは納まり、4万人規模は「高さ制限」に若干抵触するが、高さ制限は、法律や条令と違い、法的な拘束の無い「要綱」なので、アレンジは充分に可能である。

検討協議会において「武道場(地下構造物)の上には建設できない」との報告があるが、「設計段階でクリアできる問題」であり、「3万人規模の複合スタジアム建設不可」は誤りである。

アクセスも、カープの興行で「2万8千人」を集め、捌いてきた実績、「車(駐車場)」「公共交通機関(バス、路面電車、アストラム)」「自転車(バイク)」「徒歩」最良のバランスを誇り、都心部であり、世界で唯一無二のロケーションを誇る。

「建設」が決定すれば、速やかに動き出すなど、最短の工期で、周辺地域へも最大の波及効果が生じ、建設後のランニング・コストも「黒字化」できる可能性を最もはらんでいる。(算出済み)(市税投入の抑制に関しては前号の通り)

満場一致は得られないが、過去のあらゆる調査(アンケート等)においても。「最も大多数の市民県民がココを望んでいる」事実。

石橋りゅうじ公式ブログより http://blog.koeya.com/20140315.shtml

*補足 【新スタジアム建設】旧広島市民球場跡地で開催された優勝報告会時に実施されたアンケート調査結果

TVでも3万人は無理情報ながしてるよね、誤報はいかんよ、BPOさんが怒るよ (・(ェ)・)

先の女子U-20W杯では、アメリカやドイツの選手が試合前に平和記念公園を訪れ献花。試合後は「ひろしま有り難う」の横断幕を掲げてくれる、まさに一幕も。彼女達は母国に帰り、必ずや広島の理解者、平和の伝道師、そしてリピーターとなってくれるであろう。

これほどの未来志向があるだろうか!?


と、こうした内容を委員会にて質疑を交えながら、60分を費やし発表、発信させて頂きました。賛同に、異論、反論もあるでしょう。でも、加速化する少子高齢化に人口減少、増大する社会保障費等々、我々は喫緊の大きな課題と既に対峙していて、

「やるか?やらないか?」ではなく、「絶対にやる以外ない!」のです。

 石橋りゅうじ公式ブログより http://blog.koeya.com/20140315.shtml



1484先生が市長でいいやん (・(ェ)・)